体温を上げよう

あなたは自分の平常の体温をご存知でしょうか。
赤ちゃんの時の体温は高く37℃以上もあります。幼、小、壮、老年期と年を重ねるごとに体温は下がってきます。今では35℃台という方も少なくありません。
これは血液循環が年毎に悪くなった結果です。
体温が36℃以下の方は癌になりやすいと云われます。
体温を上げるためにこまめな運動をお勧め致します。運動後には体が温かく感じるのではないでしょうか。待ち時間を利用してのこまめな運動をお勧め致します。
健康維持のため体温を上げてゆきましょう。

すこやか整体治療院

HSTIすこやか整体治療院ホームページ

頭蓋骨矯正の効果

ここで今一度頭蓋骨矯正の効果をお知らせします。
脳は全身の指令室と言われています。それを包む頭蓋骨は卵型で滑らか、歪みがないのがふさわしいのです。
幼いころにベビーカーから落ちた、三輪車で転んだ、サッカーでボールが頭に当たった。
この様な事があると頭蓋骨は必ず歪み、脳を圧迫し、脳の指令がうまく全身に伝わらないことがあります。
「この子は生まれつきアトピーなの」とか「喘息持ちなの」と云われるお母さん達がおられますが、これも頭蓋骨の歪みの結果なのです。
その他偏頭痛、イライラ、不定愁訴、メニエル、難聴、弱視等の多くは頭蓋骨の歪みが原因です。
心当たりの方、一度ご相談ください。

すこやか整体治療院

HSTIすこやか整体治療院ホームページ

夏から秋

長く暑かった今年の夏、少し動いただけで汗びっしょり、一日に何回下着を着替えたことか。
9月に入り、急に秋めいて参りました。皆様も今ほっとした気分で過ごされている事でしょう。
気温の変化と共に体調の変化も感じる時となりました。夏の疲れが出る時節です。
相変わらず忙しい日々を送っておられる事と存じます。一寸ここで立ち止まって自分の体を休めましょう。
充分の睡眠と適度なストレッチによって夏の疲れを相殺致しましょう。
「一握りの憩いは二握りの骨折りに勝る」と書かれています。

すこやか整体治療院

HSTIすこやか整体治療院ホームページ

一日二食の勧め

現代人の多くはカロリー過多により、肥満、メタボ、糖尿、痛風と過食病が多発しています。
日本人の三食の食習慣により、中年期より胴回りが大きくなり、若い時の体重の1.5倍近くになった方も少なくありません。
原因は言うまでもなく過食です。ではどうするか?
一日のカロリー摂取量を少なくする。
いつもの70%の食事の量にすると言ってもなかなか難しいものです。
そこで思いきって一食抜く。朝は抜かない方が…。
夕食は楽しみであり、家族と一緒に顔を合わす機会でもあるから、比較的自分勝手に食べられる昼を抜くのは如何でしょうか。
最初は辛いかも知れませんが、慣れてくれば何ともありません。私ももう5年以上そうしています。
しかし水分は欠かす事のないように。
午後3時を過ぎるころから胃が空になっていることを感じ、すっきり爽やかささえ感じるようになります。
見出された昼食の時間を、出来るなら昼寝の時間にあてれば心と体の休養ができます。
一日のうちゆとりを持つ時間を見い出しましょう。
1ヶ月経ち気が付いてみると、胴回りが小さくなっているのに気付くでしょう。
さあ、続けましょう。

すこやか整体ホームページへ→
HSTIすこやか整体治療院ホームページ

スポーツ青年、体の歪みを治しましょう

夏の甲子園、高校野球たけなわ!!
暑さをものともせず精一杯頑張る選手と応援団、テレビで見ていても爽やかな気持ちになれます。
球児たちは甲子園出場までの厳しいトレーニング、トレーニングの明け暮れで汗まみれの日々、
腰の痛み、肩の痛みも乗り越えてひたすら頑張る。加えて監督からのハッパもかかる。
そして痛みをこらえて、痛み止めの注射までして試合に臨む。
このように体を酷使する球児は少なくありません。
気が付いてみると痛さが慢性になっている方も少なくありません。
放っておくと徐々に悪化して、仕事も日常の生活も充分出来なくなっている方も多くおられます。
「鉄は熱いうちに打て」と言われます。
成長期の体の柔らかい今、学生時代の今、歪んだ骨の調整を一度行ってみませんか。
これからの人生を健康に楽しく生きるため、人生百年の時代、先は長いのです。
健康にお暮しいただけるために……。

すこやか整体ホームページへ→
HSTIすこやか整体治療院ホームページ
プロフィール

すこやか整体

Author:すこやか整体
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード